住まいるアドバイス 住まいるアドバイス

一覧へ戻る

住まいるアドバイス Vol.33 どんなサービスを利用しますか? 一覧へ
住まいるアドバイス Vol.33 どんなサービスを利用しますか?

[阪急不動産お客さまセンター 2017年06月30日]

 昨年より少し遅く梅雨入りしましたが、みなさま、湿気対策は万全でしょうか。住まいるアドバイスで何度かお伝えしておりますが、湿度が高くなると結露が発生しやすくなります。結露が発生するということはカビやダニが好む環境になっているので、雨の日や湿度の高い日以外はしっかりと換気し、時には除湿器やエアコンなどで湿度を下げ、定期的にカビの栄養源となる汚れなどをこまめに掃除しましょう。


 さて、最近は便利なサービスが増えましたね。色々なサービスがありすぎて、どこにお願いしていいか分からない、手続きが面倒な気がして結局サービスを利用していないということはありませんか?もちろん必ずサービスを利用しなければならないというわけではありませんが、いつか利用するかも知れないと思って、どのようなサービスがあるのか知っておくのも大切だと思います。
 今回はマンションに設置されていて便利なサービスと、マンションには関係なく個人でお願いできるサービスについてお話したいと思います。

 マンションに設置されていて便利なものといえば『宅配ロッカー』ではないでしょうか。いつでも宅配物を受け取ることができるため、再配達依頼の手間が省けます。利用には初期登録が必要なため使ったことがない…という方もいらっしゃると思いますが、設置されている機種によっては、クリーニング宅配サービスや宅配レンタカーサービスの鍵などの貸出、返却など宅配便を受け取る以外の便利な機能も付いているので、お住まいのマンションの宅配ロッカーの登録方法や機能を今一度確認してみましょう。

 お住まいのマンションによって利用できる場合とできない場合がありますが、オートロックマンションでも朝刊だけを玄関先まで配達してくれるNDS(ニュースペーパーデリバリーサービス)システムというサービスもあります。配達してくれる新聞の種類は限られていますが、購読したい新聞があれば、忙しい朝にはとっても便利なサービスですね。

 他にも、食材を配達してくれるサービスを利用している方が多いのではないでしょうか。このサービスはマンション設備に関係ありませんが、利用したい配達会社の配達エリアを確認する必要があります。
買い物に行く時間や献立を考える時間が省けたり、忙しい方には便利なサービスです。最近では、食材をカットして配達してくれるサービスもあるようですので、普段時間はあるけれど、一時的に忙しくて時間がないという時に利用してみるのもいいかも知れません。

 ところで、室内のインターホンには、エントランスロビーや玄関前インターホンからの呼出の応対だけではなく、様々な機能が備えられています。
メーカーや機種、マンションの設定にもよりますが、最初にお伝えした『宅配ロッカー』に宅配物が入るとインターホンの画面に表示されたり、火災感知器が火災を感知したり、ガス漏れ警報器がガス漏れを検知した時には、インターホンが警報メッセージでお知らせしてくれる機能などがあります。
また、防犯警報の警戒セット中に玄関扉(※)を開けられたり、インターホン本体のボタン(例:「非常」や「緊急」など)を押すと、各マンションで契約している警備会社に通報される機能があり、場合によっては現場に警備員が出動します。(※:マンションや住戸によっては一部の窓も対象)

 最近では、ケーブルテレビ事業者のサービスを活用し、インターホンから緊急地震速報(予報)を音声メッセージでお知らせしたり、緊急かけつけやクリーニングなどの各種サービスをインターホンから依頼(依頼内容により料金が発生する場合があります)することができるマンションも増えています。

※緊急地震速報=地震の発生直後に震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる気象庁の速報

 登録や申込手続きが必要だったり、操作方法を確認する必要はありますが、サービスを利用する、しないに関わらず、お住まいのマンションにどのようなサービスが提供されているか、いざという時に各設備にどのような機能があるのか、確認しておきましょう。
 特にインターホンから鳴る緊急時の音やアナウンスは、普段聞き慣れないため、いざという時慌ててしまうかも知れませんので、音やアナウンスがどのような状況の時に鳴るのか取扱説明書などで確認しておきましょう。

 家具の移動やエアコンのクリーニング、不用品回収など、その都度依頼できるサービスを利用したことがあるという方は多いと思います。マンションの設備と関係がないため、依頼する会社を自分自身で選ぶことができますが、ホームページやクチコミなどを確認できる会社から、連絡先が個人の携帯番号だけしかないような会社もあります。依頼している内容と実際に行ってもらうサービスの内容が合っているのか、表示している料金表に間違いがないかなど、事前に必ず確認しましょう。

 一人暮らしの単独世帯が多くなっていることから、警備会社に住戸の鍵を預けるサービス、定期的な電話連絡や訪問をしてくれるサービス、緊急通報ができる非常ボタン付ペンダントなど、『見守る』サービスなども今後は増えていくと思います。今は必要なくても、いつか必要になるかも知れない。誰かが必要としているかも知れません。
 もし、『こんなサービスがあったら…』と思っておられましたら、一度探してみませんか?もしかすると希望するサービスを提供している会社があるかも知れません。

一覧へ戻る