住まいのお手入れ・お取扱い 住まいのお手入れ・お取扱い

※説明文中の図や写真は、クリックすることで拡大して見ることができます。

qa

取扱説明書
フローリング
アルコーブ・ポーチ
上階からの音
CFシート
ビニールクロス
建具
サッシ
網戸
玄関ドアのドアクローザー
屋内の木製扉
キッチン
食器洗い乾燥機
ビルトイン式浄水器
レンジフード掃除について
ディスポーザー
ガスコンロ
キッチンシンク排水管
システムキッチンの人造大理石
浴室
トイレ・洗面洗濯室
バルコニー
24時間換気関係
水栓・排水口
その他設備機器類
結露
結露について
各所の結露対策
コンクリートのひび割れについて
害虫について

qa112

取扱説明書

 引渡し時にお渡しいたしました取扱説明書はよくお読みくださることをお勧めします。
 新居には様々な住宅設備機器が装備されています。それぞれの取扱説明書には、正しい使い方やそのお手入れ方法、トラブル時の対処法が記載されています。引渡し時に取扱説明書を受け取られましたら、どんな設備の取扱説明書があるのか内容をご確認のうえご一読ください。
 各設備は、使い方を誤ると故障したり、思わぬ事故を起こすことがあります。必ず取扱説明書に目を通したうえで、ご使用ください。
 取扱説明書は、いざというときに役立つ大切な資料です。売却や賃貸する際には、次の居住者に引渡す必要がありますので、受領後はなくさないよう保管してください。

topへ戻る

qa113

フローリングのお手入れ

 日常のお手入れは、ゴミやほこりを取り除き、乾いた雑巾やモップで拭いてください。また、半年に一度くらいワックスがけを行ってください。 ワックスは市販品を用い、床を清掃してから均一に塗り、乾燥後、乾いた布でカラ拭きするのが一般的です。詳しくはワックスの取扱説明書をご覧ください。ただし、塗り過ぎは滑りやすくなりますので、ご注意ください。また、塗り過ぎやカラ拭き不足により床面に残ったワックスにほこりやゴミが付着して、かえって汚れの原因になることがありますのでお気をつけください。
 尚、化学雑巾やダストコントロールモップを水濡れ箇所やワックスがけ前後には絶対に使用しないでください。
 また、表面がオレフィンシート製のフローリングは、一般にワックスがけが不要です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

topへ戻る

qa114

フローリングのきしみ音について

 フローリングのきしみ音が発生する場合がありますが、これは空気中の湿度や温度の変化によりフローリングが伸縮し、フローリング等の繋ぎ目で材同士がこすれることが主な原因です。湿度・温度の変化による伸縮は、木材で出来ているフローリングの特性上やむを得ない現象で、特に雨期や夏期はきしみ音が大きくなる場合がありますが、構造上の心配はありません。

topへ戻る

qa234

フローリングのご使用上の注意事項

 フローリングの上で直接キャスター付のいす・家具などを使用されますと、表面に損傷・へこみ等が生じることがありますので、キャスター付のいす・家具のご使用を避けるか、厚手のカーペット・マットを敷いてフローリングを保護してご使用ください。

topへ戻る

qa232

畳のお手入れについて

 当社物件にて近年使用しております畳の畳表は、人工畳表(人工イ草)です。通常のイ草の畳表に比べて褪色がほとんど無く、またカビやダニが発生しにくい特性があります。通常のお手入れは掃除機を畳の目に沿ってお掛けください。誤って、醤油やコーヒーをこぼされた時も固く絞ったタオルで拭き取って下さい。濡れ雑巾で強くこすると白く変色するのでお止めください。

topへ戻る

qa231

畳のお取り扱いについて

・現代の畳床はインシュレーションボード床を芯材に使用しておりますので、市販の針を差し込むタイプの殺虫剤を使用しないで下さい。インシュレーションボードが変形して本来の機能を果たせなくなります。また、脚のある家具などは必ず板などのあて物の上に置いて下さい。
・家具や座卓など重量物をひきずると摩擦熱で白く跡が残りますのでご注意ください。
・縁無し畳は、縁の無い部分を折り曲げて製作している為、畳表が少しふわふわする事が有ります。又、人工イ草がこすれて音が出る場合が有りますが、お使いいただいているうちに自然と馴染んでまいります。 

topへ戻る

qa240

アルコーブやポーチの床タイルのお手入れについて

 玄関前のアルコーブやポーチの床タイルの汚れはブラシやモップ、雑巾等で拭き取ってください。ほこりや脂分が表面についた時には、中性洗剤を含ませたスポンジで拭き取ってから水に浸した雑巾等で拭き取ると効果的です。玄関内も含め、アルコーブやポーチの床は防水を施しておりませんので、水洗いすると階下の住戸への漏水の原因となることがありますので、お止めください。

topへ戻る

qa242

上階からの音について

 マンションはお住まい同士が接しているという特性上、上階のお住まいでの生活音が床を通じて下階のお住まいに伝わることを完全に止めることは出来ません。皆様で気持ちよくお住まいいただけますよう、生活上の配慮等にご協力をお願いいたします。

topへ戻る

qa160

CFシート(トイレ・洗面室の床材)のお手入れについて

 トイレや洗面室の床に一般に貼られているのがCFシート(クッションフロア)と呼ばれる床仕上げ材料です。比較的お手入れが簡単な床材で、ふだんは掃除機をかけたり、雑巾で水拭きする程度で十分ですが、汚れは放っておくと取れにくくなるので、固く絞った雑巾で拭き取りましょう。ひどい油汚れは水で薄めた中性洗剤を含ませた雑巾で拭いてください。また洗剤分が残っていると、後日変色することもあります。最後の水拭きの時には、固く絞った雑巾を使って下さい。
 また、市販のワックスを掛けることも効果的ですが、ノンワックスタイプのものがありますので必ず取扱説明書をご確認ください。
 CFシートは表面が柔らかく傷がつきやすいので、物の移動やタバコの火には特に注意してください。また、床が濡れていると、ふだんよりも滑りやすくなり、危険ですので、ご注意ください。

topへ戻る

qa161

ビニールクロスのお手入れについて

 天井や壁等のビニールクロスの汚れは通常固く絞った雑巾で拭く程度で十分ですが、手あかやシミ等で汚れた場合は、水で薄めた中性洗剤を白い布か柔らかいブラシにつけて落とし、乾いた布で拭きとってください。シンナーやベンジンは変質・変色の原因となりますので、使用しないでください。
 ちょっとした汚れなら消しゴムで消せますとよく言われますが、発砲タイプのビニールクロス等の材料は破れやすいので、消しゴムのご使用はお控えください。
 尚、壁や天井についている排気口や給気レジスターのフィルターの汚れが結露水等に混じり垂れてクロスを汚す場合がございますので、フィルターの掃除や交換も適宜行っていただきますようお願いします。

topへ戻る

qa173

ビニールクロスの剥がれについて

 ビニールクロスは経年により、継ぎ目や角の部分が剥がれたりします。そんな時にはビニールクロス用のノリまたは両面テープを用いて剥がれた部分を軽く押さえながら貼ると目立たなくなります。クロス補修材も市販されていますのでお試しください。

topへ戻る

qa174

ビニールクロスの隙間について

 乾燥・収縮によりビニールクロス同士の継ぎ目の部分や建具等との取り合い部分に隙間が生じる場合があります。これは材料の特性上やむを得ない現象でもあり、気になる場合は市販の隙間充填材(コークボンド)をご使用ください。なお、充填材をご使用の場合は、取扱説明書をご確認のうえご使用願います。

topへ戻る

qa116

サッシのお手入れ方法

 アルミサッシは傷つきやすいので、レ-ル部分に溜まったゴミやほこりは、雑巾や掃除機でこまめに取り除くようにしましょう。サッシの汚れを落とすのにワイヤ-ブラシや薬剤等を使用すると、表面を傷つけ腐食の原因となりますのでご注意ください。また、洗剤をご使用の際は、中性洗剤をお使いください。戸車には潤滑スプレ-を吹き付けておくと、腐食の予防に効果的です。

topへ戻る

qa175

建て付け調整について

 お住まいになられて時間がたてば、サッシの建て付けにくるいが生じることで、閉まりが悪くなったり開け閉めの度に音がしたりすることがあります。このような場合には、ドライバーでサッシの側面についている戸車調整ネジを廻してサッシを上下させて調整してください。
戸車を取り替える時は、メ-カ-によって戸車部分の機構が異なるため、専用部品を取り寄せて交換してください。

topへ戻る

qa176

クレセント(窓のカギ)

 クレセント(窓のカギ)が掛かりにくい場合は、クレセントまたはクレセント受けについているビスをドライバ-で緩めて調整してください。この時、クレセント受けはビスを緩めすぎると中のプレ-トが落ちてしまいますので、緩めすぎないようにご注意ください。また、最近ではクレセントにカバーが付いている場合がありますので、その場合はカバーをずらしてから調整してください。

topへ戻る

qa235

網戸のお手入れについて

 網戸はほこりが溜まりやすく汚れやすい箇所なので、常日頃からハタキをかけたり雑巾で汚れを落とすことを心がけましょう。半年に一度くらいは、ブラシかスポンジに中性洗剤をふくませ、網目に入り込んだ汚れを両側からたたくようにして落とし、その後、水で洗剤を洗い流してからよく乾燥させてください(なお、網戸の水洗いは必ず網戸をはずし、浴室等で行ってください)。

topへ戻る

qa236

網戸の調整について

 網戸は枠が歪んだり戸車がスム-ズに動かなくなったりキーキーと音がする時がよくあります。そんな時は、網戸を上下に動かして、余裕があるかどうかを確認してください。余裕が無い場合は下枠のネジをドライバーで緩め戸車を上下させて調整してください。余裕がある場合は上部の溝に潤滑スプレーを吹き付けて滑りをよくしてください。また、網戸を外す時は網戸側面の上部にある外れ止めを解除し、戸車を上に持ち上げるようにしてください。網戸の種類によっては網部分がカートリッジ式となっており取り換え可能なものもあります。詳しくは、取扱説明書を確認してください。

topへ戻る

qa237

玄関の鍵を紛失した場合、追加したい場合

 玄関の鍵を紛失したり、追加したい場合は、鍵メーカーの代理店に有料にてご注文いただけます。詳しくは、取扱説明書をご覧ください。なお、鍵を紛失された場合は別の鍵に変わりますが、美和ロック㈱、㈱ゴールの場合は3回まで鍵が変わっても鍵穴の交換は不要です。4回目からは、鍵穴の交換も必要となりますのでご注意ください。

topへ戻る

qa243

玄関ドアのドアクローザーの調整方法

リョービ株式会社製品取扱説明書  ドアクローザーには通常3箇所(メーカーによっては2箇所)の調整ネジがあります。ネジはそれぞれ扉の動作範囲に対応しており、ドライバーでネジを廻すことによって、その動作範囲での扉の閉まる速度を調整できます。ネジを右に廻せば遅く、左に廻せば速くなります。調整ネジはゆるめすぎないように注意してください。ゆるめすぎるとネジとが抜け、油が漏れます。(少しずつ(5度位)、様子を確認しながら廻してください。)
 尚、引越屋さんや家具・家電販売店が家財の搬入を容易にするために、ドアクローザーを一時的に外す場合がありますが、搬入終了後のドアクローザーの取り付け・調整が正確に行われず、数ヵ月後に、ビスが緩み外れるケースが多発しています。ドアクローザーは可能な限り外さずに作業していただくよう指示してください。どうしても外さなければならない時はドアクローザーの復旧を必ず正確に行うよう指示してください。

上画像:参考 リョービ株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa244

屋内の木製扉について

 蝶番が錆びると、扉の開閉が重くなったりドアの合わせ目にくるいが生じやすくなります。半年に一度くらいは市販の潤滑スプレーを吹きかけるようにするとともに、ネジ等に緩みがないかを点検し、緩みがあればしっかりと締めなおしておきましょう。
 ドアノブやドアハンドルの汚れは柔らかい布で磨くと綺麗になります。シンナーや中性洗剤を使用すると表面の塗装を傷める原因になりますのでご注意ください。
 通常、木製扉のお手入れは、柔らかい布でカラ拭きしてください。月に一度くらいワックスを掛ければ美しさを保てますが、研磨剤の入ったワックスは木製扉の表面を傷つけることがありますので使用しないようご注意ください。
 木製扉は温度や湿度の影響で反りやくるいが生じやすくなります。これは木の性質上ある程度やむを得ないものです。これらの不具合を防ぐためには、入居後1年間程度はできるだけ部屋の換気に注意し、不要な暖めすぎや冷やしすぎもお控えください。

topへ戻る

qa163

食器洗い乾燥機のお手入れについて

食器洗い乾燥機のお手入れについて  ご使用後は毎回残さいを捨てて、残さいフィルターをきれいに洗ってください。汚れが落ちにくい場合はブラシ等でこすり落としてください。なお、残さいフィルターの掃除は、運転終了後30分以上経過してから行ってください。また、月に一度は回転ノズルを本体から外して水洗いし、庫内や本体表面をよく絞った柔らかい布でふき掃除を行ってください。なお、水漏れ故障の原因になりますので、洗浄槽には直接水を入れないでください。詳しくは取扱説明書にてご確認ください。

左画像:参考 三菱電機株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa245

ビルトイン式浄水器取り扱いについて

株式会社メイスイ製品  浄水器のカートリッジは使用するにつれ浄水機能が低下してきますので、1年を目安に交換してください。また、ビルトイン式浄水器の水栓は、水がカートリッジを通過する手前に設けられた元締式水栓となっております。そのため、水栓を閉めてもその先の配管等内に残った浄水がポタポタたれたり、また、水栓を開けても浄水の出が遅れたりすることがありますが、異常ではありません。
 毎日のご使用開始時はしばらく浄水を流してからご使用ください。また、2日以上ご使用されなかった時は数分間(メーカー・機種により異なります。取扱説明書をご参照ください)浄水を流してからご使用ください。

左画像:参考 株式会社メイスイ資料より

topへ戻る

qa183

レンジフードのフィルタ-、ファンの清掃について

 フィルタ-やファンは調理時における油分で最も汚れやすいところで、長い間放っておくと、その油が固形化して落ちにくくなるだけではなく、故障の原因ともなります。2~3ヶ月に一度はフィルタ-やファンを中性洗剤でお手入れしましょう。なお、塩素系の洗剤は使用しないでください。また、掃除の際は、安全のため、必ず電源をお切りください。

topへ戻る

qa184

レンジフードのお手入れ方法

整流板の開け方、閉め方、はずし方 左画像:参考 タカラスタンダード株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa185

(参考画像)

グリスファルターについて 左画像:参考 タカラスタンダード株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa186

(参考画像)

シロッコファンをはずすには 左画像:参考 タカラスタンダード株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa187

(参考画像)

シロッコファンの汚れは 左画像:参考 タカラスタンダード株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa188

ディスポーザーのご使用上の注意点について


・ディスポーザーには、貝殻、牛・豚の骨、カニ類の殻、卵の殻、生米など、投入できないものがあります。これらのものを投入すると、ディスポーザーの刃や粉砕室を傷めたり、ディスポーザーで粉砕処理された後マンション内に設けてある排水処理槽へ送られる途中の配管内で詰まってしまったりするので、くれぐれもご注意ください。投入できないものの詳細につきましては、取扱説明書に詳しく記載がございますのでご確認をお願いします。
・配管での詰まりを防止するため、ディスポーザーを使用する際は作動前から必ず水を流し、ディスポーザーの停止後も5秒ほど流し続けてください。流す水の量の目安は、1分間に8Lです。ディスポーザー作動時に一気に水を流し、作動中に流さないというのはあまり意味がありません。流し続けることが大切です。
・ディスポーザーに連続して60℃以上のお湯を流さないようにお願いします。配管部品が劣化や変形し、水漏れの原因になることがあります。
・誤ってスプーンなどを噛みこませた場合、ディスポーザーのメーカーによっては付属の噛みこみ解除工具で取り外すことが出来ますが、ご自身で取り外せない場合、有償でメーカーや業者に修理をご依頼いただくこととなります。ご注意ください。

上動画:参考 安永エアポンプ株式会社製品より

topへ戻る

qa189

ディスポーザーのお手入れについて

 定期的に角氷を粉砕室に投入し、ディスポーザーを運転してください。細かなカスが取り除かれます。

topへ戻る

qa246

ガスコンロの清掃方法

株式会社ハーマン製品  トッププレートは、表面が汚れたら、その都度中性洗剤や水を含ませたやわらかいスポンジ・布などで拭き取ってください。コンロの五徳やバ-ナ-は、ワイヤーブラシまたは竹串等で汚れを取り除くと良いでしょう。また、グリル受け皿部分の汚れは放っておくと取れにくくなるので、お使いの度に中性洗剤で汚れを洗い流し、よく水分を拭き取って取り付けてください。

左画像:参考 株式会社ハーマン製品より

topへ戻る

qa247

キッチンシンク排水管のお手入れ方法について

 システムキッチンのンシンクの排水管には食べ物のカスや異物を流さないようにしてください。また、排水管のトラップを常に清潔に保つよう、こまめに掃除しましょう。また、2~3ヶ月に一度、パイプ洗浄剤を流すのも効果的です。但し、ディスポーザーが設置されている場合は一般にパイプ洗浄剤は使用できませんのでご注意ください。もし万が一、流れが悪くなった場合は、市販のラバーカップ(ぼんてん)で通水を試みるのも効果的です。

topへ戻る

qa192

キッチン人造大理石のお手入れ方法

 汚れ落としは中性洗剤を付けたスポンジでこすり、それでも落ちない場合はクリームクレンザーで落として下さい。汚れが落ちたら水拭き・カラ拭きで仕上げてください。
 キズが付いてしまったら、乾式サンドペーパー(400番程度)を使って補修が可能です。補修する際は、当て木にサンドペーパーを巻いて長手方向に研磨してください。一定方向に均一になるように添え木をすると作業がしやすく、仕上がりもきれいになります。 詳しいお手入れ方法につきましては、取扱説明書をご覧ください。

topへ戻る

qa193

人造大理石のご使用時の注意事項

 人造大理石の上に熱い油鍋、沸騰したやかんなど、熱いものを直接置かないでください。変色・変形・ふくれなどのおそれがあります。熱い鍋などを置く場合は、なべ敷きなどを使用してください。

topへ戻る

qa203

浴室のお手入れについて

 浴室の壁や天井に付着したカビや汚れは、浴室用中性洗剤やカビ取り剤で清掃してください。浴槽は湯垢や脂肪で汚れ易く、入浴後長く放っておくと汚れが落ちにくくなります。通常のお手入れは中性洗剤か専用洗剤を浸した柔らかい布、またはスポンジにて汚れを洗い落とせば十分です。クレンザ-や陶器用洗剤を使用すると表面に傷がついたり、金具が腐食することがありますのでご注意ください。また、酸性やアルカリ性の洗剤、塩素系のカビ取り剤等は部材を傷めますので使用しないでください。詳しくはお手元のユニットバスの取扱説明書をご覧ください。

topへ戻る

qa204

浴槽下のお手入れ(エプロン取りはずしについて)

株式会社ハウステック製取扱説明書より  浴槽下の清掃は、浴槽エプロンを取り外す必要があります。エプロンの外し方はメーカーによって異なります。また、エプロンを取り外す必要のない(浴槽下の掃除の必要がない)製品もあります。詳しくは、取扱説明書をご覧ください。

左画像:参考 株式会社ハウステック製品取扱説明書より

topへ戻る

qa164

洗い場の排水口の清掃

 目皿を外し、ヘアキャッチャーを外して、ヘアキャッチャーについたゴミを取り除いてください。また、その下のトラップを回して引き上げ、中のゴミを取り除きます。この後、排水口にホ-スを差し込み、勢いよく水を流すことでゴミを押し流します。掃除の後は逆の順序で取り付けてください。排水口の清掃を怠ると、ゴミや髪の毛等が詰まって流れが悪くなりますので、定期的に掃除を行ってください。

topへ戻る

qa199

浴室乾燥機のお手入れについて

 浴室乾燥機の中のエアーフィルターは定期的な清掃が必要です。大阪ガスの浴室暖房乾燥機の抜粋を掲載しますのでご参照ください。

topへ戻る

qa200

(参考画像)

大阪ガス株式会社製取扱説明書より 左画像:参考 大阪ガス株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa201

(参考画像)

大阪ガス株式会社製取扱説明書より 左画像:参考 大阪ガス株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa202

浴室のご使用上の注意事項

 硫黄の入った入浴剤や、酸性・アルカリ性の入浴剤は浴槽・配管・ポンプを傷める原因となりますので使用しないでください。
 また、ゆず、菖蒲、ハーブ等も循環ポンプを詰まらせる原因となることがありますのでご注意ください。排水管の流れが悪くなった時には、本格的な掃除が必要です。専門業者に依頼するほか、カンツ-ルと呼ばれる針金をらせん状に巻いた専用具を用いて掃除することができます。(排水管の奥の方のゴミまで取り除くことができます。カンツ-ルはホームセンタ-等で購入できます。)

topへ戻る

qa207

排気口のお手入れについて

 排気口やフィルターにほこりが付着すると風量低下や異常音発生の原因になります。約3ヶ月に1度を目安として清掃してください。お手入れの際は必ず接続されている換気扇の運転を停止し、ケガを防ぐために、手袋を着用して行ってください。また、転倒しないよう安定した姿勢で作業するとともに、グリルの取付は確実に行ってください。
 お手入れの際はシンナー・アルコール・ベンジン・灯油・スプレー・アルカリ洗剤・化学ぞうきんの薬剤・クレンザー等けんま材入りの洗剤を使用しないでください。変質、変色する原因になります。
 また、フィルターを入れ忘れると壁や天井が汚れる原因になりますので、フィルターを入れ忘れないようにしてください。なお、フィルター取り替えの場合は取扱説明書に記載の販売店にご連絡ください。

上画像:参考 三菱電機株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa210

(参考画像)

三菱電機株式会社製品取扱説明書 左画像:参考 三菱電機株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa211

(参考画像)

三菱電機株式会社製品取扱説明書より 左画像:参考 三菱電機株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa165

(参考画像)

三菱電機株式会社製品取扱説明書より 左画像:参考 三菱電機株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa205

温水洗浄便座本体と便器のすき間のお手入れ

TOTO株式会社製品取扱説明書 温水洗浄便座本体をはずして、便器の上面や本体底面も掃除できます。

左画像:参考 TOTO株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa206

(参考動画)


左動画:参考 株式会社LIXIL製品より

topへ戻る

qa249

トイレ詰まりについて

 大量のトイレットペーパーを使った場合や異物を落としたことに気付かずに流してしまった場合に、流れが悪くなったり、汚物がつまったりすることがあります。この場合、「ラバーカップ(ぼんてん:管理員にお問合せください)」という道具で直せる場合があります。ラバーカップを使用する場合は周囲に汚水が飛び散らないよう、透明のビニールシートの真ん中に穴をあけ、ラバーカップの柄を通しておきます。便器の排水口にラバーカップを密着させ、静かに押し付けて勢いよく引きます。排水が引き込まれるまで数度行うと大抵のつまりが解消されますが、それでも流れないときは、お近くの水道工事店もしくはお客さまセンターまでご連絡ください。

topへ戻る

qa250

(参考画像)

TOTO株式会社より 左画像:参考 TOTO株式会社資料より

topへ戻る

qa251

(参考画像)

TOTO株式会社より 左画像:参考 TOTO株式会社資料より

topへ戻る

qa255

(参考画像)

TOTO株式会社より 左画像:参考 TOTO株式会社資料より

topへ戻る

qa166

バルコニーの清掃について

 バルコニーやサービススペース(サービスバルコニー)の床は防水対応とはなっていませんので、水を流すと直下階に漏水する恐れがあります。床の汚れ等は中性洗剤に浸したモップや雑巾でお取りいただき、その後、洗剤や汚れを水に浸したモップや雑巾で拭き取ってください。また、排水溝は塗膜防水を施しておりますが、ワイヤーブラシ等固いもので掃除すると防水層を傷めることになり、直下階への漏水の原因ともなりますのでご注意ください。

topへ戻る

qa167

24時間換気について

24時間換気  住宅では内装材に含まれる化学物質により健康障害が生じる場合があります。特にマンションでは気密性が高いことから、これを緩和するために外気を吸入・排気するシステムとして24時間換気設備が設置されています(この設備は2003年以降、法律により設置を義務付けられました)。一般的には浴室・洗面洗濯室・トイレの排気口より常時少量の空気を屋外に排出しています。24時間換気は冬期の結露防止等にも効果がありますので必ず使用してください。24時間換気を有効に稼動させるには、排出した空気を補う必要がありますので、各部屋に設置されている給気レジスターを開放するようにしてください。なお、給気レジスターは一般に風量調整が可能です。

topへ戻る

qa213

給気レジスターのお手入れについて

株式会社ユニックス製品取扱説明書  給気レジスター内のフィルターに汚れがたまると、給気レジスターから入った空気や、給気レジスター内に発生した結露水等により、給気レジスター周囲の壁を汚す原因となります。フィルターは定期的に清掃していただきますようお願いします。また、結露が発生した場合は、すみやかに除去いただきますようお願いします。なお、フィルターは、3~5回の水洗い清掃を目安に新しいフィルターに取替えてください。ご注文方法については、取扱説明書をご参照ください。

左画像参考:株式会社ユニックス製品取扱説明書より

topへ戻る

qa168

キッチン・洗面化粧台のシャワーホース付水栓の水受けについて

シャワーホース付水栓の水受け  シャワーホース付水栓は水栓内部にシャワーホースを内蔵しているため、シャワーホースを伝ってキャビネット内部に水が浸入する場合があります。そのためキャビネット内部に脱着式の水受けタンクが付いていますので、月に一度は水が溜まっていないか確認し、溜まっている場合は水を排水してください。

topへ戻る

qa214

洗面所の水栓からポタポタと水が漏れる場合

 流し台や洗面化粧台の水栓を閉めたのに水がポタポタ落ちてくることがあります。
 原因としてはゴミ等の異物がパッキンの間に入り隙間ができているか、または長年の使用によるパッキンや弁の摩耗が考えられます。異物が入っている場合は、何回かハンドルを締めたり戻したりして水圧をかけてやれば大抵は直りますが、摩耗の場合は部品の取替えが必要となります。
 簡単な水栓ならご自身で修理できますが、シングルレバーや温度調節式の水栓の場合は、専門業者に依頼してください。その際は流し台や洗面化粧台の下にある給水管のバルブを閉めて水を止めてから、お近くの水道工事店またはお手元の取扱説明書に記載のメーカーのサービス窓口にご連絡ください。

topへ戻る

qa215

流し台や防水パンの排水口から臭いがする場合

 排水管では下流の臭気が逆流する場合があります。これを防止するために設けるのがトラップ(封水)で、UトラップやPトラップ等があります。長期のご不在等で不使用が続く場合、トラップの中の水が乾燥により減少し「封水切れ」と呼ばれる現象が起こり、臭気が逆流することがあります。そのような場合にはコップ一杯程度の水を排水口へ流してください(キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧台、スロップシンク、防水パンの排水口等)。
 また、食器洗い乾燥機においても排水経路内の水が蒸発することで臭いを発する場合があります。このような時は一度運転してご使用ください。(洗浄槽に直接水を入れないようお願いします。故障の原因になります。)

topへ戻る

qa216

(参考画像)

Uトラップ -

topへ戻る

qa252

(参考画像)

Pトラップ -

topへ戻る

qa217

ガス給湯器の取り扱いについて

 ガス給湯器に不具合が生じたとき、リモコンの時計表示部に故障表示が点滅します。取扱説明書に記載の故障表示に応じた処置をしてください。取扱説明書に記載の故障表示以外の表示が出るとき、また、故障表示に応じた処置をしても、なお表示がくりかえし出るときや、わからない時は、ガス会社にご相談ください。
 機器の点検・お手入れをする場合、運転スイッチを「切」にし、機器が冷えてから行ってください。特にガス給湯器の排気口は高温になっており、火傷の恐れがありますので、手を触れないでください。給排気口はふさがないでください。不完全燃焼の原因となりますのでご注意ください。また、ガス漏れに気づいたときは、ガスの元栓を閉め、ガス会社にご連絡ください。

topへ戻る

qa218

玄関照明等の人感センサーの取り扱いについて

 人感センサーは、その感知エリアや、感度、点灯時間などを調整することができます。取扱説明書をよくお読みください。

topへ戻る

qa219

(参考画像)

パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より 左画像:参考 パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa169

(参考画像)

パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より 左画像:参考 パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa248

(参考画像)

パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より 左画像:参考 パナソニック電工株式会社製品取扱説明書より

topへ戻る

qa254

エアコンの異音(ポコポコ音)について

 エアコンには冷房、暖房、除湿機能などがあり、室内の空気中の水蒸気を集めて外部へ放出していますが、水を排出するホース内を水と空気が流れるときに異音(ポコポコ音)が発生することがあります。
 また台風などの風の強い日にも、室内外の気圧差などにより外の空気がホースを逆流し一時的に異音(ポコポコ音)が発生することがあります。
これらの現象は室内外の気圧差をなくす(窓もしくは給気スリーブを開ける)ことにより解消する場合があります。
 解消しない場合は、エアコンメーカーが対策用のオプション部材(エアカット等)を用意している場合もありますので、エアコンメーカーにお問い合わせください。

topへ戻る

qa170

結露の発生原因とその基本対策

 結露とは、空気中に含まれた水蒸気が、壁面やガラス面等に触れることで冷やされ、水滴となって付着する現象です。特に冬は、壁面やガラス面が外気によってかなり冷やされているため、室内の暖かい空気が触れると結露が発生しやすくなります。また逆に夏は、外気が水蒸気を多く含んでおり、これらの空気が室内に多量に入ってきた場合、冷房で冷やされた壁面等に触れ結露が発生します。結露の防止には室内の温度と湿度の調整が必要です。次の3点にご留意ください。

①室内外の温度差を小さくする。夏冬ともに室内外の温度差を極端に大きくしない。冷やし過ぎや暖め過ぎは禁物です。
②室内の水蒸気の量を極力抑える。夏は屋外の湿気を室内に呼び込まないよう、換気は朝・夜等の室内外の温度差が少ない時間帯を選んで行う。冬はガスストーブや石油ストーブ等の使用を控え、発生する水蒸気を極力抑える。
③室内の水蒸気を外に逃がす。特に冬は部屋の通風・換気を図って室内の水蒸気を外部に逃がしてください。24時間換気設備が設置されている場合は常時運転することも有効です。

 窓ガラスやサッシのアルミ部分は結露が特に発生しやすく、こまめに拭き取ることが大切です。また、これらに接する部分も濡らさないように注意しましょう。

topへ戻る

qa221

住居全体の結露対策

 換気のための通風効果をより高めるには1住戸を1つの部屋として考え、各部屋、廊下、押入れ、浴室等のドアをすべて開けて住戸内部全体を均一に乾燥させるようにしましょう。また、家具と壁の間の通風のために、すき間をなるべく開けるようにしてください。留守にされる場合はエアコンを除湿にする等の対策を行うのも有効です。

topへ戻る

qa222

押入れの結露対策

 押入れの内部は、布団等の収納物で空気の循環が悪くなっているうえに、布団綿が湿気を吸い、湿度が高く結露しやすくなります。対策としてスノコを敷いたり、収納物は押入れの壁より少し離して空気の循環を図るようにしましょう。収納物は押入れ容積の約70%くらいが目安ともいわれています。また、晴れた日には収納物を出して内部の空気を入れ替えるのも効果的です。

topへ戻る

qa223

浴室の結露対策

 浴室は湿気が残り易い場所なので換気を心がけないとカビ発生の原因となります。入浴後は浴槽に蓋をするとともに浴室換気扇を回して湿気(水蒸気)を外に出すか、窓を開けて通風を良くすることが大切です。

topへ戻る

qa224

観葉植物による結露への対策

 観葉植物からも水蒸気が発生して室内にこもり、結露を発生させることがあります。樹種にもよりますが、日中はできる限り室外に出すことも有効です。

topへ戻る

qa225

水槽による結露

 室内に金魚や熱帯魚の水槽を置くことにより水蒸気が発生し、結露の発生原因となることもありますので、ご注意ください。

topへ戻る

qa171

コンクリートのひび割れについて

 マンションの躯体等のコンクリートに生じるひび割れのほとんどは「乾燥収縮ひび割れ」 か 「温度伸縮ひび割れ」によるもので、地震や積載オーバーが原因となる「構造ひび割れ」が発生することはまれです。これらのひび割れは雨水等の浸透による鉄筋錆の恐れがないほどの毛細ひび割れ(概ね0.3mm以下)であれば、構造安全性に影響を及ぼすことはありません。ひび割れが生じるのはコンクリートという材料の宿命だといえます。ただし、鉄筋の錆汁が出るほどの大きなひび割れの場合は、管理会社(管理員)にご相談ください。美観回復のためのひび割れ補修工事は、コンクリートの乾燥収縮がほぼ収束する時期(引渡し後、約5年程度)以降に行ったほうが効果があることが多いため、修繕計画と併せて検討することも有効です。微細で構造的に問題のないひび割れの部分補修については、実施しないほうが外観上綺麗な場合もあります。
 また仕上材であるモルタルやタイル目地等のひび割れは、温度伸縮や経年変化によるものが大半で構造的には問題はありません。多くは連続したバルコニーや、開口隅、広い面積の外壁等に見られます。美観の悪さが気になるようであれば、住戸内については事業主アフターサービス窓口に、共用部については管理会社(管理員)にご相談ください。

topへ戻る

qa226

乾燥収縮ひび割れとは

 コンクリートはセメント、砂、砂利を水で練って造り上げた材料です。この水はコンクリートの化学反応(水和反応といいます)にすべて使われるのではなく、余剰水として徐々に空気中に逸散します。この(乾燥)過程でコンクリートは収縮し、微細なひび割れが発生することがあります。収縮の量は材料・施工・環境等、様々な要因に左右されます。一般的に2~3年で最終値の60~80%の収縮は終了すると考えられています。

topへ戻る

qa227

温度伸縮ひび割れとは

 最上階等に比較的多く見受けられる現象で、屋上コンクリート面が日照による温度上昇により伸びて、直下の壁を引っ張る現象が生じる結果、壁(戸境壁を含みます)にハの字型のひび割れが生じることがあります。逆に屋上コンクリート面の温度が下がったり、または乾燥し収縮したりした場合は、壁に逆ハの字型のひび割れが生じることがあります。また、日当たりが良い外壁でも日中夜間の温度差が大きくなる場合、繰り返しの温度変化を受けることで、ひび割れが生じることがあります。長大な建物の一階端部に見られることがあります。この温度伸縮ひび割れも微細なものについては、構造安全性に影響を与えるものではありませんのでご安心ください。ただし、ひび割れが多発して気になる場合や、漏水跡がある場合等は、ひび割れの巾、長さ、本数、発生場所を確認し、事業主アフターサービス窓口、もしくは管理会社(管理員)にご相談ください。

topへ戻る

qa228

ダニ、チャタテムシ

 ダニやチャタテムシ等は、発生源の特定が非常に困難な害虫です(人が住む所であれば至る所に存在します)。畳、カ-ペット、布団等、住まいにはダニやチャタテムシが生息するのにこのうえない環境が整っています。なかでも、20~30℃の温度と60%以上の湿度は、生息・繁殖の絶好の条件となります。これらは直接有毒物質をまき散らすようなことはほとんどないといわれていますが、アレルギーや喘息の原因となることがあります。そこで次の点にご注意いただき、ダニやチャタテムシの発生を防ぐように心がけてください。
①こまめに掃除を行い、ダニとダニのエサとなるゴミ・食べカスを除去する。
②布団等は晴れた日に2~3時間、日光に当てる。
③カビはチャタテムシの餌となるため、湿度管理を適切に行い、カビの発生を防ぐ。

topへ戻る

qa229

ヒラタキクイムシ

 ヒラタキクイムシは、湿った木を食べるシロアリとは違い、乾燥した材に発生します。木材の中(辺材部分)にある幼虫のエサになる栄養分を食べ、成虫になって材の外に出る時、粉状の木屑を出します。産卵してから成虫になるまで約1年かかることから、卵(もしくは卵を産み付けられた材)が室内に持ち込まれた後、最初に迎える春~夏に成虫になることが多いようです。放っておくと柱や家具がボロボロになることもあります。小さな穴や木屑を発見した場合には管理会社または専門業者にご相談ください。

topへ戻る

qa230

シロアリ

 シロアリは柱、梁、土台等の湿った木材部に発生し食害を進めます。シロアリは一般の方には発見し難いものですが、万が一発見した場合には管理会社または専門業者にご相談ください。

topへ戻る