イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

HOCイベント「阪神甲子園球場スタジアムツアー&打撃練習見学!」を開催しました。 一覧へ
HOCイベント「阪神甲子園球場スタジアムツアー&打撃練習見学!」を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2014年09月01日]

 8月2日(土)阪神甲子園球場スタジアムツアーを開催いたしました。

 今回も申し込みが大多数になり、人気のイベントとなりました。
今年は、公式戦試合が予定される日のみ実施される阪神タイガースの選手達の打撃練習見学が盛り込まれていたのですが、降雨のためツアー直前に打撃練習が中止となってしまいました。打撃練習見学を楽しみにされていた皆様からはガッカリの声が上がっていました。

 ツアーはまず、甲子園歴史館の入館券が入った甲子園歴史館オリジナルチケットホルダー等を参加者全員にプレゼントすることから始まりました。

 その後、球場内に入り、通路にてツアーガイドの方から見学の注意事項等説明がありました。
 その説明の最中、通路の壁の向こう側からなにやら音が聞こえてきました。窓にはシャッターがありましたが、ガイドさんがそのシャッターを上げてくれると・・・なんとそこに見えたのは、この日の阪神タイガースの対戦相手、DeNAの選手がブルペンでトスバッティングとフリーバッティングを行っている姿でした。皆様はプロ野球選手の実戦練習を間近に見学でき、感激され、窓にくっついてブルペンの風景を写真に収めたり、見入ったりされておられました。

 次にスタンド移動し、バックネット裏の座席に座って、本来ならば打撃練習風景が・・・見れるはずだったグラウンドに目をやると、外野の方で阪神タイガースの選手がランニングやキャッチボールをしている様子が見られたのは、幸いでした。ここでガイドさんより野球や阪神甲子園球場に関するクイズが出題されました。「プレーをしない野球監督がユニフォームを着ているのはなぜでしょう?」、「甲子園球場の内野スタンドの上にある『銀傘』は、もともと何のためにつくられたのでしょうか?」等の出題に、一生懸命考えて答え、「そうなんや!」の驚きの声を上げるなど、楽しい時間を過ごされておられました。

 そしてインタビュースペースに移動し、選手になった気分で記念撮影をしました。
次に、HOCイベントならではの、特別な行程として、ロイヤルスイートルームを見学。「ビールサーバーもあり、いいな~!」の声が聞かれ、特別感のある部屋を隅々まで興味深く観察される方もおられました。

 球場内の見学はここで終了し、多目的ルームへ移動。

 今年誕生90周年の阪神甲子園球場についてのお話を、甲子園歴史館の方より、クイズを交えて楽しくしていただき、皆さん、大変熱心に耳を傾けておられました。
 また、甲子園歴史館より「甲子園歴史館オリジナルピンバッチ」と日刊スポーツ発行の「甲子園球場90周年記念号」をおみやげにいただきました。
 私達も聞いていないサプライズをご用意いただき、打撃練習見学はできませんでしたが、そのお気遣いに大変嬉しく思いました。

 ツアー終了後、参加の皆様は、試合が開催予定前のにぎわいの中(当日の試合は後刻中止になりました。)、各自で甲子園歴史館をご見学なされ、夏休みの思い出に残る時を過ごされたようでした。

一覧へ戻る