イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

HOCだより イベントリポート「寄せ植え教室」を開催しました。 一覧へ
HOCだより イベントリポート「寄せ植え教室」を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2014年05月16日]

 皐月が間近に控えた、4月25日(金)午後2時より、阪急梅田駅の西側にある、西阪急ビル内、クリエイティブ・フラワー・コーポレーション(株)の会議室にて13名の会員様のご参加によりHOCイベント「寄せ植え教室」を開催しました。

 初めに、クリエイティブフラワーコーポレーション曽谷外部講師から寄せ植えについて一般的な植物や花、害虫についての説明に加えて、マンションベランダで作業を行う際の注意事項として、「ベランダには防水加工はされていないので受け皿を利用しましょう。」「土や枯れ葉などが排水溝やスロップシンクを詰まらせないよう気を付けてください。」「避難通路や避難扉を塞がないディスプレイにしてください。」「特に高層階では強風のため、植木鉢や道具の落下にご用心ください。」「水漏れ、土の飛散、肥料や殺虫剤の臭いなどでお隣や階下の方に迷惑のかからないよう注意ください。」の説明がありました。続いて、本日の寄せ植えに使用するミニバラの花とハーブについて、花の咲く時期、特徴、寿命、水のやり方等を説明していただき、参加の皆様にはご理解いただけたけたようでした。

 次に、ご参加の皆様が、実際に寄せ植えに使用する6種類より、自分好みのイメージに合う花を選び、植え付けに取り掛かりました。

 講師より「見せる寄せ植え」「育てる寄せ植え」を目標にして、プランターの底に石を置き並べ、その上に土を入れ、6種類の花を自作イメージに並べ、さらにプランターにイメージした通りに植え付けて、育った時のイメージにも想像を膨らませながら、個々の花をプランター内で左右に回して広がりを見せる工夫を行うなどの調整をしていきます。

 作業が進むと会場内は土の匂いとハーブの香りに包まれ、室内であることを忘れてしまうような感覚に包まれながらも、「こうした方が綺麗に見えるね!」などの声が飛び交い、ご参加の皆様は楽しんでおられました。作業も皆様順調に進み、植え付け後、土の量を調整し、最後に土が見える部分に、ココファイバーでマルチングすると寄せ植えの完了となりました。

 最後に、持ち帰ってからの水やり、肥料、薬、手入れ、植え替えまで、管理の仕方について説明していただき、ご参加いただいた皆様には大変喜んでいただけたようです。

お帰りの際には、皆様から「楽しかった」「いい企画をしていただきました」「またやってください」との嬉しいお声をいただきました。

ご参加の皆様、ありがとうございました!

一覧へ戻る