イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

HOCイベント「阪神甲子園球場スタジアムツアー」を開催しました。 一覧へ
HOCイベント「阪神甲子園球場スタジアムツアー」を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2013年09月26日]

 今年の夏はものすごく暑かったのですが、8月27日(火)は2日前の記録的な大雨の後で、暑さが和らいだ中でのツアー日和となりました。
 今回のイベントは一般に実施しているスタジアムツアーにない、特別企画が3点あり、ご参加の皆さんには喜んでいただけました。

 ツアーはまず、甲子園歴史館の入場券が入った甲子園歴史館オリジナルチケットホルダー・プログラム・阪神タイガースのうちわを参加者全員にプレゼントすることから始まりました。

 その後、3塁側ブルペンに移動し特別企画1つ目のピッチングマシーンによる球速160キロ体感・トスバッティング・ティバッティング・投球実測の野球体験を実施しました。トスバッティングをされた方は「思うようにあたらない」、また投球実測では「スピードはでないものですね!」の感想でした。ご参加されたほとんどの方は、全ての野球体験を実施され、またタイガースのユニホームを着用して記念撮影も楽しまれました。

  

 次に、3塁側ベンチとベンチ前の人工芝部分のみでしたが、グラウンドに足を踏み入れました。甲子園球場の美しさやグラウンドの広さに皆さん感激し、思い思いの記念撮影をされました。

 その後、選手がインタビューを受けるインタビュースペースを見学し、2つ目の特別企画である、ロイヤルスイートルームを見学。「スゴイ!誰がここから観るのかな~」の声が聞かれるゴージャス感のある部屋で、参加者の中には部屋の隅々まで興味深く観察される方もおられました。

 最後に3つ目の特別企画として、甲子園球場で仕事をする人(アナウンス嬢、売り子さん、グランドキーパー)についてのお話を甲子園歴史館の方より、クイズを交えた楽しく、ここでしか聞くことのできない、興味をひかれるお話をしていただきました。皆さん、熱心に耳を傾けておられました。
 ツアー終了後、参加の皆様は、各自で甲子園歴史館をご見学なされ、夏休みの終わりに思い出に残る時を過ごされたようです。

一覧へ戻る