イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

阪神甲子園球場スタジアムツアー&打撃練習見学会を開催しました。 一覧へ
阪神甲子園球場スタジアムツアー&打撃練習見学会を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2017年09月22日]

7月25日(火)、毎年恒例となりました阪神甲子園球場スタジアムツアーを開催しました。この日は試合もあるということで、スタジアムツアーでしか見られない阪神タイガースの選手たちの打撃練習も見学予定。
雨が降るかもしれないという微妙な天気でしたが、打撃練習実施との案内が。よかった!

ご参加の皆様には、時間通りにお越しいただき、早速球場内にご案内。

まず案内されたのは売店が並んでいる球場内の通路。そこには窓がありシャッターが閉まっております。スタッフの方の操作でシャッターが開くと3塁側のプルペンが見えました。テレビでしか見た事のない風景に皆様、興味津々です。

次は関係者通路へ入りました。関係者通路ということは選手や元選手、芸能人の方に出会うかも!?ということでスタッフの方から注意事項が。「絶対に声をかけたり、グループから離れたりしないでくださいね」と。スタジアムツアーを安全に行うためのルールですね。

案内された先には壁があり、そこにあるスクリーンを下ろすと、これもテレビなどで観たことがある風景が。そう、インタビュースペースです。選手がインタビューを受ける時の背景はスクリーンを下ろしていたのですね。
この写真の柄は2017年の阪神タイガースのシーズンロゴ。1年間この柄を使うのだそうです。

これをバックに皆様には記念撮影をしていただきました。選手さながらポーズをとってみたりと楽しんでいただけたかと思います。

そしていよいよ打撃練習見学です。関係者通路から座席へ移動します。
バックネット側から練習する阪神タイガースの選手達を見学しました。背番号で選手がわかるように、選手の名前が載った名鑑も配布されました。ボールがバットに当たるいい音が響きます。

練習の見学を終え、今度はエレベーターで球場の上の方へ上ります。そこは一般の方は入ることのできないロイヤルスイートのフロア。そこにある部屋の中を特別にご案内いただきました。個室になっている部屋には選手のサイン入りユニフォームを飾っていたり、ソファやテーブル、バルコニーもあり、室内でも屋外でも試合が楽しめるようになっておりました。(写真撮影NGのため想像してみてくださいね。)

見学が終わると、次に案内されたのは涼しい会議室のようなお部屋。今度は阪神甲子園球場で働いているスタッフの方の講演です。
球場や球団の誕生やマスコットキャラクターについて、クイズを交えながらの楽しいお話に皆様は聞き入っておられました。

この講演でスタジアムツアーは終了しました。暑い中、お越しいただき、ありがとうございました。今年の夏の思い出としていただいていたら嬉しいです。

これからも思い出に残るようなイベントを企画して行きたいと努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る