イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

フランス料理付小林一三の世界を楽しむ会を開催しました 一覧へ
フランス料理付小林一三の世界を楽しむ会を開催しました

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2017年03月30日]

2月28日(火)、邸宅レストラン「雅俗山荘」にて「フランス料理付小林一三の世界を楽しむ会」を開催致しました。
雅俗山荘とは大阪府池田市にある小林一三が家族で過ごしていた自邸。(小林一三記念館内にあります)洋風のとてもモダンな空間で、現在は中を見学でき、その一部がフレンチレストランとなっています。
※小林一三は弊社グループ(現在の阪急阪神東宝グループ)の創業者です

ご参加の皆様にはフランス料理をお召し上がりいただきながら雅俗山荘支配人様からの小林一三についてのお話をお聞きいただきました。ウェルカムドリンクのシードル(りんごのお酒)とお庭に面した明るいサンルームのお席でゆったりといただく本格フレンチでとても優雅な気分が味わえます。お料理はどれも春らしい見た目でとても美味しそうでした。食器も美しいですね!
(写真右「タスマニア サーモンのマリネ 青豆のピュレ」
 写真左「鰆のポワレ香草風味 ヴィヨレット ムルタド添え」)

小林一三もグラスや食器を集めていたそうで、その一部も見せていただきました。装飾の入ったグラスは数十年経つ今見てもおしゃれです。こういったコレクションや雅俗山荘のインテリアからも小林一三の好みが伺えます。そして実はこの場所、一昨年NHKの放送90年ドラマ『経世済民の男』(小林一三のドラマ)で撮影に使われた場所でもあります。お話の中では当時の撮影秘話なども教えてくださいました。

最後に支配人様からクイズがひとつ!
ビンにりんごが入ったお酒がありますがビンの口より大きなりんごをどのように中に入れたでしょう?
雅俗山荘に行かれる機会がございましたらお連れの方やスタッフの方とのお話のきっかけに、是非考えてみてください!(正解はスタッフの方が教えてくださいます)
クイズのお楽しみで皆様にも最後に盛り上がっていただきました。

当日はお天気も良く、支配人様のお話やクイズも印象的で、ご参加いただいた方からは「陽ざしの暖かさを感じながら、当時の暮らしを思って優雅なランチをとれ、幸せでした」「ブランデーのリンゴのしくみ、蝦夷鹿に添えられたお野菜のことなどお話がひきつけられました」と心地よい時間をお過ごしいただけました。
お帰りの前にはレストランの個室もお見せいただき、さらに雅俗山荘の建物の見どころをたくさんお教えいただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。これからも会員様のイベントご参加をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

一覧へ戻る