イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

HOC会員様貸切 日帰りバスツアーを開催しました。 一覧へ
HOC会員様貸切 日帰りバスツアーを開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2016年12月06日]

10月27日(木)、阪急交通社企画の日帰りバスツアーをHOC会員様で貸切り、「アサヒビール工場見学と丹波ワイナリー&酒蔵・ほろ酔い城下蔵」を開催いたしました。
朝から快晴のこの日、バスツアー日和となりました。

朝早くに千里中央・梅田にお集まりいただき、ありがとうございました。
千里中央を出発し、梅田経由で吹田市へ。この企画で皆様が一番お楽しみにされていたと思われる「アサヒビール吹田工場」見学です。

バスを降りると早速麦汁の匂いが漂っております。さて館内に入り、ツアースタートです。
まずは、ビールの材料である大麦やホップの説明、その後、ビールが出来るまでを説明を聞きながら順に見学し、最後は出来上がったビールが超高速で瓶詰・缶詰される様子を見学しました。

見学の後にはお待ちかねの試飲タイムです。試飲コーナーで生ビールを注いでもらいます。
1杯目は-2℃に冷やした「スーパードライ エクストラコールド」を。とても冷たくてのどごしが良く、ぐいぐいと飲めてしまいます。実際、皆様がお席に着かれる前に飲み干されていた方々もいらっしゃいました。

ここでは3杯まで飲めるということで、次々とおかわりされる皆様、すごいです。まだ朝の10時半です。
もちろんソフトドリンクもあるので、ビールそこそこにジュースという方もいらっしゃいました。いろいろ楽しめて嬉しいですね。

11時前にはビール工場を出発し、次は兵庫県篠山市へ向かいます。
昼食は「ささやま玉水」にて。黒毛和牛の陶板焼きと黒豆ご飯をご堪能いただきました。
また、このツアーのお土産のお渡しもこちらで。お土産は梨、キウイ、オレンジ、黒豆せんべい、黒豆ケーキ、黒豆ようかん、栗饅頭などなど!
皆様にこやかですね。

昼食後、またバスに乗り、篠山市街へ。篠山散策なのですが、自由行動の前に日本酒の試飲ができる「酒蔵・ほろ酔い城下蔵」へ。昔の酒蔵が残っており、中を見学できます。店舗ではおすすめのお酒や気になるお酒を試飲できるようになっています。私は栗のリキュールを試飲しました。栗の香りと風味があり、女性には人気がありそうです。

篠山には丹波栗や黒豆を使ったお菓子、黒枝豆もたくさん販売しており、ショッピングも楽しいですね。皆様お土産の袋を手にバスに戻って来られました。めったに行かないところですからたっぷりとお買い物もされたようです。

さて続いては、京都府船井郡京丹波町にある丹波ワイナリーへ。
篠山を出発してすぐバス車内が静かになったので、皆様を見てみると、ぐっすりとお休みの様子。午前中にビール、昼食に日本酒、お天気良くてポカポカ。眠たくなりますよね!
少しの間ですが、ゆっくりしていただけたかと思います。

丹波ワイナリーへ到着の頃は少し陽が傾いてきた頃でした。
案内いただいたスタッフの方のトークがとても面白く、常に笑いが起こっておりました。
このワイナリーの目の前にはブドウ畑が広がっており、この時期は貴腐ワイン用のブドウがあるだけでしたが、壮大な景色に感動されている方が多かったのではないでしょうか。
工場見学ではワインの瓶詰工程がわりと間近に見られました。レーンに流れてくる瓶、作業される方の動きを見ているのは飽きないものですね。皆様じっくりとご覧になっておられました。

工場見学の後は、そう、試飲です!試飲でいただいたのは、赤と白の2種類のワイン。
赤ワインはタンニンがしっかり感じられる大人の味、白ワインはヌーボーで、スッキリ甘い味。どちらも個性があり、興味深いです。
試飲の後は併設のショップでお買い物です。こちらもなかなか来る機会がないのでお買い物もお楽しみです。


アサヒビール、酒蔵・ほろ酔い城下蔵、丹波ワイナリーで試飲をし続けてまいりましたが、同時にお買い物もお楽しみただいておりました。お酒の試飲は丹波ワイナリーで終わりましたが、お買い物は続きます。

井筒八ッ橋で八ッ橋の試食・お買い物。こちらでは皆様たくさんお買い物をされていたような気がします。
そして西利。こちらではお店からお漬物のお土産が配られ、うれしいプレゼントとなりました。

長いバスの旅もここで帰路につきます。皆様だいぶお疲れのご様子でしたが、最後にクイズ大会をいたしました。
正解が多かった方にはアサヒビールのビール柄の手ぬぐい。ビールですけど意外と可愛い柄なんです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

この日は朝から夜まで長い一日でしたが、普段ご自身では行かない所に行けたり、ご自身で行っても車だとお酒が飲めない等、楽しかったとのご感想をたくさんいただきました。

これからも皆様にお喜びいただけるようなイベント開催を努めてまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

日帰りバスツアーにご参加の皆様、お疲れ様でした!

一覧へ戻る