イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

小西酒造(株)富士山蔵見学会を開催しました。 一覧へ
小西酒造(株)富士山蔵見学会を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2016年01月22日]

12月4日(金)13時半より、伊丹市にある小西酒造(株)富士山蔵の見学会を開催いたしました。
この日は冷たい風が吹いておりましたが、寒い中お越しの皆様は遅れることもなくお集まりいただき、時間通りに開始できました。

まずは小西酒造(株)の日本酒造りへの想いやこだわりをお伝えするビデオ上映です。
杜氏の真剣な作業の姿をご覧になっている皆様の眼差しも真剣。

さて、いよいよ蔵見学の時間です。衛生服・衛生キャップ・シューズカバーを着用し、工場の中へ。
日本酒は冬に造るものという蔵が多いかと思いますが、この富士山蔵は四季醸造で、1年を通じて日本酒造りができる工場です。この業界では最初期に四季醸造工場を作ったとのことでした。

日本酒がお米から作られることは皆様ご存知ですが、お酒の種類により同じお米でもその精米程度が違うというお話がありました。大吟醸を作る時は50%以上も削ったお米しか使わないという話と実際に
大吟醸用に精米されたお米を見て、皆様その米粒の大きさに大変驚かれ、小西酒造の方に色々質問されていたようでしたが、最後には「道理でお値段が高いはずだ」と皆様ご納得のご様子でした。

麹室や発酵中のタンク、絞ったお酒を保存している貯蔵庫を見学し、スタート地点のお部屋へ戻ってまいりました。

そして皆様お楽しみの試飲のお時間。
蔵見学でしか飲めない大吟醸から始まり、なんと自然薯(山芋)を使用したお酒や女性に人気がありそうな梅の果実が入ったリキュール、また、最後には甘酒を使ったシャーベットと多彩な試飲・試食をいただきました。
お気に入りのお酒はそのまま購入可能で、皆様お買物を楽しんでおられました。

試飲とはいえ数種類のお酒を口にされ、ほろ酔いの方もいらっしゃったのではないでしょうか。
にこやかに蔵を後にされる皆様を拝見し、とても嬉しく、また皆様を笑顔にできるイベントを企画したいと思いました。

これからも会員様に喜んでいただけるよう努めてまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る