イベントリポート イベントリポート

一覧へ戻る

夏休み親子イベント「ペットボトルアート教室」を開催しました。 一覧へ
夏休み親子イベント「ペットボトルアート教室」を開催しました。

[阪急不動産オーナーズ倶楽部事務局 2015年09月01日]

夏休み真っ最中の8月1日(土)、阪急不動産(株)会議室にて、夏休み親子イベント「ペットボトルアート教室」を開催いたしました。
いつもリサイクルゴミとして捨ててしまうペットボトルを使って、風車を作りました。
教えてくださったのは、大阪市の阿倍野に在住の保田さん。ペットボトルを使いロボットや観覧車などたくさんの作品を趣味で作っているとのこと。テレビや新聞社からの取材もあったとか。

ご参加のお子様方はペットボトルをカッターナイフやハサミで切るという作業をしたことがない、ということで、まずは練習です。お子様の手元がおぼつかなくて、親御さんも心配そうです。
少し慣れてきたら、本番用のペットボトルで、風車の羽根の部分を寸胴部分から切り出していきます。
バランスよく作らないとうまく回らないので、難しそうです……。

5、6枚の羽根が出来たら色をラッカー系塗料でつけます。
赤・青・黄、色の組み合わせや、塗る場所など悩みながらも皆さん楽しそうに作業しておられました。アンケートでも色塗りが楽しかったというご意見をたくさんいただきました。

ラッカー系塗料が乾いたら、予めふたと底の真ん中に穴を開けていたペットボトルに針金ハンガーで作った棒をその穴に刺し、持ち手にして完成!

ペットボトルでも、工夫すればいろいろなものが作れる、何をどう作ろうかと考える、それが楽しいと保田さん。
このイベントにご参加されたお子様にも作る楽しさを感じてもらったのではないでしょうか。

今後もお子様にもお楽しみいただけるイベントを企画してまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

またのご参加をお待ちしております。

一覧へ戻る