すっきりお片付けブログ

すっきりお片付けブログ

かさばる羽毛布団をスッキリしまう方法

2016
05/15
かさばる羽毛布団をスッキリしまう方法

5月も中旬、爽やかで気持ちの良い季節となりました。
この時期は晴天の日が多く湿度も低いので、
寝具や衣類の夏冬入れ替えに適しています。

そこで今回は、かさばる冬物寝具の収納についてです。

布団を押し入れにしまう時に、下から積み上げて
入れていらっしゃる方が多いと思います。
羊毛の布団ですと厚みが均一で綺麗に畳めますが、
羽毛布団は空気を含むので膨らみやすく、
どうしても収まりが悪いですね。

また、何枚も詰め込むと押入の中で雪崩を起こすなど、
見た目にもストレスになります。

羽毛布団をしまうポイントは2つ
①布団を立てる ②空間を四角く区切る


①布団を立てる
布団を立てるなんてナンセンス!と思われるかもしれませんが、
写真のように角がしっかりした作りの布団ケースを使用すると
自立が可能になります。
驚くほど取り出しに便利です。

②空間を四角く区切る
収納ラックと布団ケースを組み合わせることで
押入れの空間が四角く区切られ、
収納ラックの上にも布団ケースを置く事が出来ます。
スッキリして見えるので気持ちが良いですね。

注意点としてはケースに入れると、
中に入れたモノの確認がしづらいので、
表に「○○ちゃんの布団」など分かりやすくラベルを貼ります。
ひと手間加えることで、探す手間が省けますね。

次回は洗面下収納のお話です。