おすすめ映画情報

おすすめ映画情報

エベレスト3D

2015
11/28
エベレスト3D

地球上で最も危険な場所へ

『エベレスト3D』

配給:東宝東和
11月6日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

■Introduction 
ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を基にしたサバイバルを体感させる超大作。登頂の夢をかなえるためエベレストへやって来た世界各国の登山家たちが、自然が猛威をふるうデス・ゾーンで生き残りを懸けた闘いに挑む姿を、3Dならではの圧倒的な迫力で映像化した。出演にジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジェイク・ギレンホール、キーラ・ナイトレイなどハリウッド屈指の演技派たちが集結。第72回ヴェネチア国際映画祭のオープニング作品として上映され、世界中から注目が集まっている。

1996年、ニュージーランドで登山ガイド会社を営むロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)率いるエベレスト登頂ツアーが、ネパールに到着。入念な準備を経て、ついにやってきた頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曽有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域“デス・ゾーン”で散り散りになった登山家たちは、ブリザードと酸欠との過酷を極めた闘いの中で、個々の生き残りの能力を試されることになる。