HOCアンケート 結果HOCアンケート 結果

アンケート結果一覧へ戻る

第9回 「みんなの暮らし  みんなで話そうスクエア」アンケート 結果

アンケート実施期間:
2011年11月1日 ~ 2011年11月13日

皆様、アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。アンケート結果を報告します。

Q1

現在のお住まいに実際に住んでみて、駅からのアクセスや周りの商業施設を含んだ各種施設の利便性はいかがでしょうか、お教えください。

・駅のアクセスは、3路線利用できて利便性に富んでいます。それらの駅を使って、大阪へも神戸へも30分ほどで行くことができますが、大きな商業施設が近くにいくつかあるので、ショッピングは西宮市内で完結することが多いです。高速道路のインターも近いので、遠方のレジャー施設へのアクセスも最高にいいです。
・わが家は、梅田に買い物に行く際には自転車で行くことが多いです(自転車で約15分)。毎日の買い物には、自転車に乗って10分以内に大手のスーパーが何軒かあるので、目的別に買い物することが多いです。
・自宅から梅田までほぼ15分。近隣に商業施設と医療施設が多数あり、またマンション内と周辺にも緑が多く、利便性と自然のバランスが良いです。
・駅近で、病院も多く、タクシー乗り場や消防署・警察署も近く、商店も生活には充分に足りていて総じて申し分ないロケーションです。
・駅までフラットな道で7分くらいなので、本当に便利です。徒歩10分以内にクリニックや大型スーパーもあるので、安心感もあり暮らしやすいです。
・歌劇場が近くなので、普段タカラジェンヌさんが歩かれていて優雅な雰囲気です。駅までも四季折々の花が咲き、気持ち良く歩くことができて気に入っています。

Q2

新居を購入した際に、住まいが新しい間、掃除の際どういったところを特に注意されていますか、お教えください。

・換気扇は火曜日、水周りは水曜日、と掃除する場所を曜日で決めていました。どんどん間隔があいていきましたが…。
・汚れに気付いたらその場で掃除!を心がけていました。きれいなまま保つことが、住まいを美しい状態で保つ秘訣だと思います。
・現在の住まいに住み始めて約3年半がたちますが、入居してから今でも気を付けていることは、部屋の柱やコーナーに掃除機をぶつけないように操作することです。キッチンシンクやお風呂場の水垢なども、気付いたらすぐにブラシでこすり、カビを防止するようにしています。
・まず、バスルームのカビ対策には気を使いました。その次はフローリングです。特にフローリングは色が濃いせいか埃が目立ちやすいため、こまめな掃除が欠かせません。
・シンクは毎日使うところなので、どうしてもすぐに汚れてしまいます。水垢がこびり付いてしまわないよう、毛糸で編んだスポンジでこすっています。洗剤など使わなくても、ピカピカになります。
・共用スペースは自分だけでなくみんなの顔になる場所なので、玄関周りの清掃や整理整頓に気を付けていました。

Q3

節電対策等、ご自宅で実行されている省エネ方法や、工夫されている点がありましたらお教えください。

・利用しないブレーカーは落としています。
・お風呂は家族で続けて入るようにしています。追いだき機能を使ったことはありません。子どもたちには、日頃から使わない部屋の電気は消すようにしつけています。あと、テレビは1台しか持たないことにしています。自然と夜になるとリビングにみんなが集まるので、照明やエアコンも含めて節電になっていると思います。
・オール電化なので、深夜料金の時に稼動できるものはまとめてしています(食洗機、長時間の煮物、洗濯など)。
・特にありません。マンションは一戸建てに比べて、冬場も暖房器具が不要なぐらい暖かく感じますね。
・使っていない電気器具は、主電源をオフ。エアコンは、一年を通して来客時の2~3日しか使用しないのでそれ以外はコンセントを抜いています。そして、この秋から、朝のうちは東側のバルコニーにシェードを降ろしています。これまでも夏場は日差しがきついくらいなので当然のように一級遮光のシェードを降ろしていましたが、秋になってもキッチンはぽかぽかで窓際にある冷蔵庫のドアが熱くなってることに気付きました。これでは冷蔵庫が頑張って冷やそうとたくさんの電力を使ってることになりますので、秋もシェードを利用して省エネしています。
・電気炊飯器を使っていましたが、最近はガスコンロの自動炊飯機能を使ってご飯を炊いています。節電にもなるうえ、ガスコンロで炊いたご飯の方がとてもおいしいことに気付きました。
・自動点灯などは消灯して必要時だけ点灯するようにし、家具を色の反射しやすい白系に統一しました。その他、家族でお風呂やシャワーを連続で使用したり、お互いに消灯忘れを声かけしあって意識しています。

Q4

震災などの災害に備えて、ご自宅で準備されているものや対策がありましたらお教えください。

・下駄箱に防災のリュックを置き、子どもも把握しています。また、たんすの上は突っ張り棒をしています。
・家族の集合場所を決めています。身の安全を第一と考え、「持ち出すもの」をつくるとかえって身の危険性が生じるので特に準備はせず、貴重品等をひとつにまとめている程度です。
・高いところにものを置かないようにしています。細かいものは、直接落ちてこないように収納しています。一部家具では、突っ張り式の転倒防止器具を設置しました。半年に1回、必ず防災グッズの点検を行い、用具や非常食の過不足を確認しています。
・ミネラルウォーターなどの飲料水を確保しています(1カ月単位で入れ替え)。阪神大震災の経験から、トイレが困らないよう、風呂の残り湯は翌日までとっています。

Q5

お部屋を選ぶ際に、リビングの広さと、各居室の多さとどちらを優先されたかお教えください。またその理由もお教えください。 

・子どもが2人なので、1人1部屋あたえるため、4LDKが絶対条件でした。リビングの広さは特に考えなかったですが、今となってはリビングがもう少し広い方がいいかなと思います。大人も自分の部屋かスペースが欲しいです。(ご家族数4人/間取り4 LDK)
・物入れとして押入れが必要だったので、やむなくリビングの広さよりも和室のある間取りを優先しました。(ご家族数4人/間取り4LDK)
・居室数を優先しました。その分、部屋の広さは贅沢がいえないため、家具を選ぶ際は常に広く見えるようなもの(低くて、薄型のもの)を揃えるよう努力しました。(ご家族数3人/間取り3 LDK)
・家族が一番長く居るのはリビングですし、ゆったり快適に過ごしたかったのでリビングの広さを重視しました。(ご家族数2人/間取り3LDK)
・間取りのメニュープランで和室をなくして、リビングを広くする方を選びました。家族が集まるリビングは、ダイニングテーブルやソファーを置いても床が広くあいている方がゆったりと気持ちが落ち着きます。(ご家族数4人/間取り3LDK+納戸)

Q7

住居を購入された際、立地面で子供の通学と親の通勤のどちらの利便性を優先されたかお教えください。またその理由をお教えください。

・子どもの通学…というか、子育て環境を優先しました。結果的には、通学にも通勤にも利便性の良い場所に居を構えることができました。
購入当時は子どもが小学生だったので、親の通勤を優先。利便性のあるところを選んだため、中学受験に際しても学校の選択肢が広がりました。
・どちらも両立できる場所を選択しました。通勤については少し遠くなりますが、自転車通勤で健康づくりをしています。職場まで30分なので、ちょうど良いかとは思います。通学に関しては、子どもが京都、兵庫、大阪どこの大学に行ってもすべて通学圏内となるところがうれしいです。
・親の通勤です。勤務先が、大阪、神戸いずれの勤務になっても良いように選びました。
・購入時には上の子が小学校入学を控えていたので、子どもの通学環境を重視。当時、親は車通勤だったので、通勤という利便性はあまり考えていませんでした。しかしながら、電車通勤になった現在も駅からすぐという立地条件の良さは大変気に入っています。
・親の通勤重視です。東京や海外への出張が多かったため、伊丹空港に近い立地を選びました。

Q8

マンションにお住まいの方のみお答えください。マンションに住んで、良かったなと感じることがありましたらお教えください。

・1階で庭があるプランだったので、洗濯物がたくさん干せるし、朝顔で緑のカーテンを毎年つくっています。また、値段がわりと手ごろだったので、ローンの負担が楽です。
・景色の良さと、子どもの友だちがマンション内に多くいることです。また、コミュニティがつくりやすいことや、困った時にすぐ助けてもらえることです。
・一戸建てと比較すると、夏涼しく冬あったかいところ、室内の生活動線が便利にできているところ、共用設備が便利に利用できるところなどです。